FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去形




彼を愛していました。


本当に壊されてもいいと思う程に。


だけど、それも もう終わり。


私は前を向いて生きていくだけ。


もう振り向いたりしない。


そう決めた女は強い。





飼い犬と野良猫


決めました。


身も心も彼を信じないと。


『本心で構わないよ』


そう言われたから、私は今回 本心を伝えた。


だけど返ってきた言葉は


『おとなしくしていなさい』


だった。


彼は犬を飼っている。


飼い犬だっだら言うことも聞くだろう。


でも私は所詮、野良猫。


その違いを彼は分かってはくれない。






勇気



身を引くことも勇気。


彼にとって私は、やっぱり気紛れでしかなかった気がする。


それならば、身を引くことも必要だと思う。


なのに。


踏ん切りが付かず、オロオロしているだけの私。





揺れる



彼は随分、変わった気がする。


7年という歳月が彼を変えたのか、


それとも私が変わったのか。


迷い、混乱する私がいる。


私が甘えた駄々っ子のようなことを言葉にしても


今の彼は許し、受け止めてくれている気がする。


だけど揺れてしまう、私。


今の彼を信じたい。





彼の言葉



彼の言葉は魔法。


声を聞くことがなくても


メールで伝えられてくる言葉。


『俺の両腕に抱き締められて逝きまくったことを思い出して朝まで眠れ』


『雫の子宮に俺の精子を受け止めたことを思い出して安心しろ』


『俺は気紛れで生で中出ししたことなどない』


『雫に生で中出しすることで俺も安心してた』


そんな言葉なのに、私は安心する。





«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。