FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

線路を辿って

少しずつ落ち着いて来た。


そんな風に感じていたのに


それは見事に裏切られた。


そして更に、あってはいけない事態。


不安と怒りと焦燥と


マイナスの感情に取り付かれた私は


Tに訊ねた。


『もし私の居場所に何かあったら、どうする?』


実際、被害はジワジワと拡大している。


訊かずにいられなかった。


Tから返ってきた答えは


『新幹線の線路を辿って、何日掛けても歩いて行くよ』


現実には、無理なことだって分かってる。


だけど今の私には嬉しかった。


このまま会えず終いで


私の生命はなくなってしまうかもしれない。


でもTの言葉を胸に留め置きたい。


そう心から感じた。






コメント

実際には不可能だとしても
そういう言葉を言ってもらえるのは嬉しいですよね
Tさんの想いがちゃんと感じられますもんね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さやさんへ

コメント、ありがとうございます。

Tは…
基本的には、都心から離れることは不可能です。
今の仕事を続けている以上は…
まして非常時には、なおさら。
分かっているだけに虚しいです。

鍵コメYさんへ

コメント、ありがとうございます。

送ってもらった写真を観て
訳の分からない涙が溢れてきました。

被災した方のことを思ったら
絶対に今、私たちが潰れている場合じゃない。
主治医に相談して、被災地へ
ボランティアに行けそうなら行こうと思っています。
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ