FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

雪の中

数日前、頭の悪い私は…


大量の酒と薬を飲み


降りしきる雪の中


凍死することを願い


熱いシャワーを浴びた後に


家の近くのアスファルトに身を横たえた。


一秒一秒。


自身の体温が奪われて行くことを感じた。


でも寒くはなかった。


とても幸せな気持ちだった。


指を伸ばせば


そこに会いたいと願う人々がいたから。


なのに朝日が射す頃、私は目が醒めてしまった。


全身、ずぶ濡れで


髪の毛からは滴が滴りおちて


立ち上がることも


もちろん真っ直ぐ歩くことも出来なかった。


アスファルトに頭を叩き付け


『どうして生きてるの』


そう怒りをぶつけるしかなかった。


生きることは難しい。


また死ぬことも難しい。


頭の悪い、


イカれた脳では…


何も考えられない。






コメント

風邪はひきませんでしたか?

身体も雫さんご自身も大切にしてあげてくださいね

何もかも虚しくて、全てを終らせたい…

そんな気持ちになった事は、この人生で何度もあった。

だからね、雫さんの行動を叱る資格など私には無いけど…

例えネット上の繋がりだとしても、私にとって君は妹の様な存在なんだよ。

その妹が死にたいなんて…言って欲しくは無かった。

こんな人生だなんて、決め付けてはいないかな?

私は40年以上生きて来たけど…まだまだ心は未熟だと思っているよ。

それは、まだ知らない感情が自分の中にあって…

新しい自分との出会いが、きっとあると信じているからなんだよ。

それを教えてくれるのは、人との出会いがあってこそだと思ってる…

人の人生に触れて、気付くことは沢山あるよね。

君はまだ若いのだから、もっと沢山の人と触れて欲しいと思う。

その時間を消してはいけない。

お父さんとの出会いがあった様に、きっと素晴らしい出会いが待ってるよ。

嬉しい事も、悲しい事も、いつかきっと懐かしい気持ちで振り返る時が来る…

未来の自分の笑顔を、自分で消してはいけない。

拍手コメRさんへ

拍手&コメント、ありがとうございます。

そうですね…自然な死。
それが産まれてきた以上、課せられた義務なのかもしれません。
でも私の自然な死は、いつになったら訪れてくれるんでしょうね(苦笑)

さやさんへ

コメント、ありがとうございます。

何故だか風邪もひくことがありませんでした。
○○は風邪をひかないってことなのかな???

ロザリーさんへ

コメント、ありがとうございます。

今は多くを言葉に出来ないけれど…
ごめんなさい。
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ