FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

秋の嵐

久し振りに大きな嵐が来た。


朝、目が覚めた瞬間に


吐き気を感じたのと同時に


正体不明の不安感に襲われた。


なんとか起き上がりピルケースを取る。


でも手が震えて薬が出せない。


その状況が更に私をパニックに追いやった。


まだ目が覚めていないだろうTに電話をする。


寝起きの筈のTは冷静に


『運転は出来そう?』


『ゆっくり運転でクリニックに行っておいで』


そう言われる。


動きたくなかった。


だけど頓服では落ち着かないことは


誰よりも私自身が知っている。


大きく深呼吸を繰り返しながら


クリニックへ予約日でもないのに伺う。


すぐに処置室に連れて行かれ


いつもの点滴を打たれた。


点滴を受けながら、少し眠る。


家に戻ってからもTに促され


横になって休む。


夕方になって落ち着いた私。


私が眠っている間もTは


何度もメールをくれていた。


今夜も眠るのが怖い。


明日の朝が怖い。






コメント

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ