FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

ライブデート 3.

ホテルへ向かう電車の中でも

私の不安定感は残っていて

脳がグラグラ揺れているような

足元が崩れて行くような

イヤな感じが残っていた。

Tも分かっているから静かに

私を庇うようにしながら電車に揺られていた。

私が使っていた頃は急行しかなかった路線。

今では特急になっていて

ホテルまでの時間は早かった。





遅い時間にチェックインを済ませ

私たちは部屋のドアを開けながら

『ただいま』

そう二人同時に言った。

大切な私たちだけの空間。

窓の外には横浜の海と街の夜景が良く見えた。

荷物を片付け、シャワーを浴びて

二人だけで静かに乾杯。

今回のデートの前に おねだりしていた

Tが普段、部屋で着ているTシャツに包まって。

Tにでさえ ゆったりサイズのTシャツは

私が着ると膝まで隠れるくらい。

『まるでアメコミに出て来る女の子だね』

そんな風に笑うT。

ライブの感想とか

やっぱり二人とも人混みは苦手だとか

どうでもいいような話をしながら

夜が更けて行くのも忘れて話し続けた。

心地良い酔いに身を任せて…





『さ、そろそろ休もうね』

Tが私を諭すように言った。

いつもなら駄々をこねて

なかなか休もうとはしない私だけど

さすがに疲れと脳の揺れから

さっさと歯磨きを済ませ

先に横になっていたTの脇へ潜り込んだ。

ツインルームなんだから

別々のベットで休んだ方が楽なのに

私たちは敢えて一つのベットで休む。

そして必ず同じタイミングで途中覚醒をし

薄明かりの中で視線が合うことを

二人ともが同じように楽しむ。

先に寝息を立てたのは、T。

その寝息を耳元で確認すると

私も静かに眠りに就いていた。






コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://twofragments.blog88.fc2.com/tb.php/640-89cf0296

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ