FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'10.6.14(Mon) 3.

夕食を済ませ、ホテルに戻る。

昼間の疲れがアルコールを回らせる。

窓際で並んで座りながら飲んでいた筈なのに

気付くと私はベットの中で

しかもTも隣で寝息を立てている。

水を飲みに起きようかと迷っていると

Tの目が私を見詰めていた。

まったく同じタイミングで目が醒めるなんて(笑)




水を持ち、ベットに戻る。

Tにも半分分けてあげる。

二人とも完全に目が醒めてしまった。

夜中に目が醒めるのは、Tも私も いつものこと。

あまり気にはならない。

ベットの中で少し話し始めると

Tの指が私の身体に伸びて来た。

『また、お預けだからイヤ』

私が、そう拒もうとすると

『僕の感触を憶えていて』

『僕も雫の感触を憶えていたい』

とTの指は私の身体を滑り続ける。

昨夜と今朝。

二度も焦らされている私。

いとも簡単に声が漏れてしまう。

ゆっくりとしたスピードで

Tの指先が私の敏感な部分に届く。

なのに、すぐに離れて行く。

乳首を柔らかく口に含まれ、転がされる。

私の胸の上にあるTの顔を抱き締める。

触れては離れて行く指先が

とうとうソコに留まる。




指先に少しだけ力が込められると

ソコからは卑猥な水音が響いた。

『可愛らしい音がしてるよ』

Tの穏やかな口調で言われると恥ずかしくて

私は身を捩らせ逃げようとする。

だけど抱き締められた身体は逃げられない。

やがて静かに、ゆっくりTの指が入ってくる。

それだけで私は小さく達してしまいそうになって

慌てて腰を後ろへ退いた。

今度はTが腰に腕を回し、逃げられないようにする。

その状態でユルユルと中を掻き回される。

もう私にできるのはTの名前を呼ぶことだけ。




Tの指先は、以前から知っていたかのように

私の一番感じてしまうポイントを簡単に探し当てる。

『此処だね』

私は恥ずかしくて首を横に振る。

でもTは止めない。

『たくさん溢れて来てるよ』

そう言いながら、責め続ける。

逝っちゃう…と私自身が感じた瞬間、

何かが私のソコから溢れた。

それは今までに感じたことのない感覚。

戸惑っていると

『雫、潮噴いちゃったね』

優しくTが囁いた。

信じられない。

それは生まれて初めての経験だった。

きっと泣き顔のような表情を浮かべたんだと思う。

Tは私を しっかり抱き締めてくれた。

それでもTの指は私の中を遊び回り続けている。

何度も何度も私がTの名前を呼び

大きく果ててしまうまで

Tは私の中の感触を指先に刻みつけていた。

その度にソコからは潮が溢れた。




グッタリした私の身体を

Tは労わるように優しく抱き寄せる。

オデコに頬にキスをしながら。

『可愛い僕の雫』

私は深い深い安心感に包まれたまま

いつしか明け方の眠りに堕ちていた。






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメDさんへ

コメント、ありがとうございます^^

Tと出会って、恋愛は独りじゃ出来ないって改めて実感しています。
恋クンだけでも、愛チャンだけでも恋愛にはならないって(苦笑)
二つが揃って初めて恋愛なんだって。
そんなこと分かり切っていた年齢なのに
改めて感じさせて頂いている今、幸せだと思っています。

鍵コメDさんにも、たくさんの幸せが来る日があるって信じてます。
そして離れた場所からでも、私は ずっと応援しています。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://twofragments.blog88.fc2.com/tb.php/574-f2f5e6c7

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。