FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

別離の支度


息を引き取った父を



霊柩車に乗せるための支度。



看護師さんが声を掛けてくれた。



『イヤでなければ一緒に…』



私は即答した。



『よろしく お願いします』



素人の私が手を出すと言うことは



恐らく足手纏いだと思ったけれど



私は父の身体を丁寧に拭き、



そして浴衣に着替えさせた。



看護師さんに言われた。



彼女は泣いてくれていた。



『本当に幸せな最期でしたね』



涙を流しながら言ってくれた。



私も堪え切れずに泣いた。



でも、その後の通夜や告別式では



私は涙が出なかった。



看取ったという実感を感じていたから。



でも母と兄は、泣きじゃくっていた。







父の病が分かった時



『延命処置はしないで下さい』



そう私は言い切った。



必要以上に苦しませたくなかった。



その私に兄は言った。



『お前は親父を見殺しにするのか』



と。



でも生きるのと生かされていると言うことは



まったく別のモノだ。



きっと、どちらを選んだとしても



正論なんてありえない。



でも私は、選んだ。



そして父は、安らかに息を引き取った。



後悔はない。



だけれども今になって涙が溢れる。



父は、もういない…






 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ