FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

惜別


パパを見送った。



ポッカリと大きな穴が心に空いた。



北海道、九州。



本当に全国からパパを送るために



多くの方々が足を運んでくださった。



一個人の死に



これだけの方々が足を運んで下さった、



こんな通夜、告別式は産まれて初めてだった。



改めてパパの大きさを思い知らされた。



私はパパを尊敬し、誇りに思う。



通夜では、ホールに入り切れず



玄関の外までパパの最期に



集って下さった方々がいた。



私は泣きじゃくった。



声を殺しながら泣いていた筈が



いつの間にか声を上げながら泣いていた。



そして小さな小さな骨壷に



収まってしまったパパを見て



しゃがみ込み、幼子のように泣いた。



感情のコントロールは出来ない。



泣きじゃくり…



そしてバカ笑いをしてみたり。






今日で7日が過ぎた。



だけどパパは生きている。



今までで一番遠い場所への



出張が決まっただけのことだ。



そう想い、自分に言い聞かせる。



いつだって私の耳の奥には



パパの声が聴こえているし、



何処にいてもパパの存在を感じている。






コメント

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ