FC2ブログ

1+1の行方 two fragments

たった ひとつの欠片を探して…

微笑み返し

お散歩がてらに買い物に出てみた。


まだ3~4歳くらいの男の子が


何故か私の方を じっと見詰めている。


その視線は、まるで珍獣を見るかのような(苦笑)


私は思わず笑顔を作った。


その途端、彼の顔が満面の笑顔に。


本当に屈託のない笑顔だった。


今は大人と呼ばれる年齢になった私たちも


彼と同じ歳を経てきた筈。


今の私は、あんな笑顔を作れているだろうか?


そんなことを考えながら


可愛らしい微笑み返しに心の中で


『ありがとう』


そう呟いた。


その次の瞬間。


彼の父親であろう若い男性が


私と彼の間の空気を読んだのでしょう。


見ず知らずの私に軽く会釈をし


そして、また微笑みを…


笑顔は人を幸せにしてくれる。


そんな当然なことを再確認した一日。






 | HOME |  »

Calendar

« | 2010-05 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

雫

Author:雫
たった ひとつの
失くした欠片を探して…


お読みになる前に・・・

アダルト描写を含む場合があります。 18歳未満の方や不快に感じられる方は、スルーして頂きますよう お願いします。 ※またリンクはフリーですが、何度かコメントなどでの交流のない方からの いきなりのリンクは お断りさせて頂きます。 リンクの際は一声、お掛け下さいますよう お願いします。


おことわり

此処は私が感じたこと、思っていることを書かせて頂く場所です。 無理に同意を求めようとも思いません。 様々な考え方の方がいらっしゃって、当然ですから。 ただ管理人の私自身が不快に感じたコメント等は、お断りなく削除させて頂くこともあります。 御理解、よろしく お願いします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


ありがとう


ようこそ

現在の閲覧者数:


リンク


検索フォーム





●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ